プロだけが知っている!とっておきの共有名義不動産の売却方法

一般的な不動産とは異なる売却の方法

不動産を売却したい場合、一般的なものと共有名義のものを同じように考えてはいけません。
なぜなら前者と比べて後者は、さまざまな点に配慮する必要があるからです。
最も大きいのは他の共有者の存在であり、それによって独断では売れない状況になっています。
すべての人が売却したいと思わないと、取引を持ちかることすら不可能です。
現代社会における空き家問題もそれに起因することが少なくありません。
共有者の一人が行方不明になっているケース、売却に賛同してくれないケースがよくあります。

そのような状況でも売却を可能にする方法は存在します。
しかし、誰でも知っているわけではなく、いわゆるプロと呼ばれる人たちだけが知っている方法もあるのです。
それを把握していると、自分がいざ共有名を売ろうとしたときに重宝します。
流れ自体は難しくないので、それを押さえることから始めると良いでしょう。
時間はかかるかもしれませんが、最終的には共有名義でも売却できる可能性が高いです。

売却を成立させやすくするアプローチ

上記の方法の最初のステップは共有名義の相手に声をかけることです。
売却したいことを伝え、同意してもらえないか尋ねましょう。
ここで合意に至れば何も問題はありません。
そうならない場合は、説得を続けるか自分の持分だけを売るのか決めます。
共有名義といえども持分を売るだけなら合意は不要です。
ここまでは素人でも理解しているケースは少なくありません。
プロは売却の相手として共有者を第一の候補に挙げます。
なぜなら、無関係の人が買おうと考えることは多くないからです。

それに対して共有名義の相手なら、それを入手することで不動産を単独で所有できるようになります。
他に共有者がいる場合でも、持分が増えることで権限の強化を狙えます。
そのため、購入しても良いと考えてくれるケースも多いため、プロはそちらからアプローチするのが一般的です。
そこで良好なレスポンスを得られなかった場合に限り、他の方面で取引相手を探すという流れです。

まとめ

売りたい不動産が共有名義なら、一般的な売却のセオリーは通用しません。
共有名義ならではのノウハウがないと、なかなか現金化できないことを覚えておきましょう。
とはいえ、素人がそのノウハウを把握することは容易ではありません。
知識として知っていても円滑に実践するには熟練のスキルが必要です。
そこで大切なのはプロにサポートを受けることです。
単なる不動産屋ではなく、共有名義に特化している業者を頼ることが早期の解決につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。